河合塾の大学入試情報サイト

物理基礎

2021年度入試(2021年4月入学生向け入試)からセンター試験に代わり、「大学入学共通テスト」が導入されます。

共通テストに向けてどのような学習を行えばよいのか、河合塾講師からの学習アドバイスをご紹介します。

河合塾講師からの学習アドバイス

理科基礎共通学習アドバイス

大学入学共通テストを受けるうえで、基盤となる知識・技能をしっかり身につけるためにも、教科書全範囲の重要事項(用語や公式、概念等)を正確に理解しておくことが大切です。そのうえで科学的な探究の過程を通して、資料の読み取りや実験結果をグラフで表す等の練習も積んでおきましょう。また、日常生活や社会と関連した内容について、日頃から知識と関連付けて考える習慣を身につけておきましょう。
共通テストの対策として、センター試験の過去問を使って、知識の定着を確認することや図やグラフの読み取り、計算問題の演習をすることは有効です。また、全統共通テスト模試や全統プレ共通テストを活用して、共通テスト特有の出題形式や問題傾向に慣れておくことも大切です。

物理基礎学習アドバイス

幅広く基本的な知識や考え方が問われるので、教科書をじっくり読んで用語や公式、概念をしっかりと理解しましょう。土台をしっかり固めたうえで、教科書傍用の問題集等で演習を重ねながら理解を深めることが大切です。
大学入学共通テストでは、日常生活や実験を意識した問題が出題されます。グラフの作成や読み取りに慣れるためにも、学校で実験をしたときには、意識して自分でグラフを書くようにするほか、物理量を計算する練習をしておきましょう。そして、教科書の「探究活動」や「観察実験」の内容をしっかりと読んで理解しておきましょう。
単に学んだ物理の知識を使うだけでなく、論理的な思考力を問われる問題も出題されますので、物理の法則や原理を示しつつ、考察の過程などを論理的に説明できるようにすることも大切です。

大学入試センター発表資料

令和3年度試験情報令和3年度試験情報

共通テストの時間割や問題作成方針などが掲載されています。

平成30年度試行調査平成30年度試行調査

平成29年度試行調査平成29年度試行調査

[参考] 2020年度センター試験 問題構成と設問別分析

大問 分野 配点 マーク数 テーマ
1 小問集合 20 5 各分野の基本問題
2 様々な物理現象とエネルギーの利用 15 4 A 波の性質
B 直流回路
3 物体の運動とエネルギー 15 4 A ゴムひもをつけた小球の落下
B 斜方投射
合計 50 13
前へ
次へ

設問別分析

第1問
さまざまな分野からの小問集合。基本的な知識・理解を問う問題である。
問1は3本のばねでつるされた小球における力のつり合いの問題。
問2は静止していた小物体に同じ大きさの力を異なる方向に加え、1秒後の運動エネルギーの大小を問う問題。
問3は送電の仕組みに関して正しい語句を選ぶ、組合せ問題。
問4は2つのおんさによるうなりの周期と、周期の間の波の数の差を問う問題。
問5は熱に関して正しい文章を選択させる知識問題。
小問集合では、幅広く基本的な知識や考え方が問われる。公式だけではなく、原理や現象に関する知識や、図やグラフも合わせた定性的な理解が必要である。
第2問
A 波の速さの計算と重ね合わせの原理の問題。問1はグラフから波の速さを求める問題で解きやすい。問2は2つのパルス波の進行を丁寧に追うことが必要となる。
B スイッチの開閉を伴う直流回路の問題。問3は回路の基本問題である。電流が流れていない抵抗の電圧は0になる。問4は合成抵抗、消費電力の公式を用いる問題である。
教科書に記載されている公式は正確に理解することが大切である。
第3問
A ゴムひもでつるされた小球の落下運動。問1は小球の自由落下運動での落下時間を求める問題。問2は小球が最下点に達したときのゴムひもの伸びが(h-l)であることに注意し、力学的エネルギー保存則を用いる問題。
B 小球の斜方投射ではあるが、問題文中に水平方向と鉛直方向の運動が丁寧に説明されているため難しくはない。問3は等速運動、問4は鉛直投げ上げの式を使えば正解が得られる。
力学分野は基本法則・原理をよく理解し、丁寧に考察することが大切である。

[参考] センター試験 平均点の推移

年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度
平均点 33.3 30.6 31.3 29.7 34.4
前へ
次へ

※共通テストの平均点について

2018年に実施された共通テスト 試行調査では、平均得点率が5割になるように作問されました。
2021年1月実施の共通テストで想定する平均得点率は明示されていませんが、同様の得点率を想定して作問されると考えられます。

共通テスト 科目別学習アドバイス

PAGE TOP