河合塾の大学入試情報サイト

地学基礎

2021年度入試(2021年4月入学生向け入試)からセンター試験に代わり、「大学入学共通テスト」が導入されます。

共通テストに向けてどのような学習を行えばよいのか、河合塾講師からの学習アドバイスをご紹介します。

河合塾講師からの学習アドバイス

理科基礎共通学習アドバイス

大学入学共通テストを受けるうえで、基盤となる知識・技能をしっかり身につけるためにも、教科書全範囲の重要事項(用語や公式、概念等)を正確に理解しておくことが大切です。そのうえで科学的な探究の過程を通して、資料の読み取りや実験結果をグラフで表す等の練習も積んでおきましょう。また、日常生活や社会と関連した内容について、日頃から知識と関連付けて考える習慣を身につけておきましょう。
共通テストの対策として、センター試験の過去問を使って、知識の定着を確認することや図やグラフの読み取り、計算問題の演習をすることは有効です。また、全統共通テスト模試や全統プレ共通テストを活用して、共通テスト特有の出題形式や問題傾向に慣れておくことも大切です。

地学基礎学習アドバイス

まずは教科書を熟読し、教科書に出てくる概念や用語について正確に理解しましょう。その際にセンター試験の過去問を使って、知識の定着を確認することや図やグラフ、数式を扱った問題、計算問題演習で理解を深めておくことも有効です。また、図表や資料等を読み取る演習も積んでおくことも大切です。
大学入学共通テストでは実験・観察や調査実習、探究活動の内容も扱われる可能性が高いため、教科書の「参考」や「探究活動」に記載されている内容もしっかり読んで理解をしておきましょう。学校で実習があれば、調査方法を学習したり、実験・観察結果のグラフやデータの読み取り、作図や読図等の練習を積んでおきましょう。また、報告書の作成や発表等に積極的に取り組みましょう。学校で実習の機会がなければ、博物館やジオパークを訪れたり、日頃からテレビやインターネットで得られる地学現象(地震や火山、台風など)に興味・関心を持ち、学習内容とつなげて理解しておくことも大切です。

大学入試センター発表資料

令和3年度試験情報令和3年度試験情報

共通テストの時間割や問題作成方針などが掲載されています。

平成30年度試行調査平成30年度試行調査

平成29年度試行調査平成29年度試行調査

[参考] 2020年度センター試験 問題構成と設問別分析

大問 分野 配点 マーク数 テーマ
1 地球 20 6 A 地球の活動
B 地層と地球の歴史
C 火成岩および変成岩
2 大気と海洋 10 3 A 熱帯低気圧と温帯低気圧
B 海水の密度
3 宇宙 10 3 宇宙
4 自然災害 10 3 自然災害
合計 50 15
前へ
次へ

設問別分析

第1問
地球分野からの出題であった。問1と問2は、平易な知識問題であった。問3は、クロスラミナの図から地層の上下を判定し、それを級化層理に応用する問題であった。問4は、地球と生物の歴史に関する知識を図に当てはめて考える問題であった。基本的なできごとの起きた時期を理解していれば、解答できる。問5は、一般的な安山岩の構成鉱物から判断すればよい。問6は、変成岩の正しい知識があれば、消去法から正答にたどり着ける。
第2問
大気と海洋分野からの出題であった。問1は、台風の風向を考えた上で、風向の天気記号と気圧の変化を読み取って観測所の位置を決定する問題であり、やや難しかった。問2は、温帯低気圧の鉛直断面として正しい図を選ぶ問題であり、北側から見た図を選ぶことに注意が必要であった。問3は、海水の密度が大きくなる理由についての正誤を判定する平易な知識問題であった。
第3問
宇宙分野からの出題であった。問1は、宇宙の歴史に関する知識を、概算を通して時間軸の図に当てはめていく問題であった。問2は、天体の写真にその種類と大きさを対応させる問題であったが、惑星状星雲の大きさは教科書には載っていないので類推で判断する必要がある。問3は、惑星に関する基礎的な知識問題であった。
第4問
自然災害についての出題であった。問1は、地震による揺れと津波の高さについての正誤を判定する平易な知識問題であった。問2は、火山地域のハザードマップを読み取る問題であり、注意深く選択肢を読む必要があった。問3は、図から風向を読み取り、さらに、火山灰が降り始める時間を計算する問題であった。風向の表現と単位の換算に注意が必要であり、やや難しかった。

[参考] センター試験 平均点の推移

年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度
平均点 27.0 29.6 34.1 32.5 33.9
前へ
次へ

※共通テストの平均点について

2018年に実施された共通テスト 試行調査では、平均得点率が5割になるように作問されました。
2021年1月実施の共通テストで想定する平均得点率は明示されていませんが、同様の得点率を想定して作問されると考えられます。

共通テスト 科目別学習アドバイス

PAGE TOP