河合塾の大学入試情報サイト

化学基礎

2021年度入試(2021年4月入学生向け入試)からセンター試験に代わり、「大学入学共通テスト」が導入されます。

共通テストに向けてどのような学習を行えばよいのか、河合塾講師からの学習アドバイスをご紹介します。

河合塾講師からの学習アドバイス

理科基礎共通学習アドバイス

大学入学共通テストを受けるうえで、基盤となる知識・技能をしっかり身につけるためにも、教科書全範囲の重要事項(用語や公式、概念等)を正確に理解しておくことが大切です。そのうえで科学的な探究の過程を通して、資料の読み取りや実験結果をグラフで表す等の練習も積んでおきましょう。また、日常生活や社会と関連した内容について、日頃から知識と関連付けて考える習慣を身につけておきましょう。
共通テストの対策として、センター試験の過去問を使って、知識の定着を確認することや図やグラフの読み取り、計算問題の演習をすることは有効です。また、全統共通テスト模試や全統プレ共通テストを活用して、共通テスト特有の出題形式や問題傾向に慣れておくことも大切です。

化学基礎学習アドバイス

まずは教科書全範囲の重要事項をしっかりと理解し、問題演習を積み重ねて原理・法則や公式を当てはめる力を着実につけて行きましょう。
大学入学共通テストでは、日常生活や社会と関連する物質が重視され、教科書での学習内容と関連付けるかたちで、その構造や性質、反応などが扱われます。したがって、教科書に記載されている身近な物質に注目して、その構造や性質、反応について整理・確認しましょう。
また、日常生活やニュースなどで接する化学物質や化学的な現象にも興味・関心を持つようにし、その物質の用途やはたらき、現象の原因などを教科書での学習内容と結びつけて考えるようにしましょう。その際、必要に応じて教科書以外の書籍やインターネットの情報なども調べ、知識の幅を広げたり、理解を深めていくとよいでしょう。
さらに共通テストでは、実験問題、グラフ問題の出題が予想されます。教科書や図説で「探究活動」などの実験内容を確認し、学校で実験の授業があれば積極的に取り組みましょう。また、グラフを読み取ったり、実験結果をグラフで表す訓練を積むとよいでしょう。

大学入試センター発表資料

令和3年度試験情報令和3年度試験情報

共通テストの時間割や問題作成方針などが掲載されています。

平成30年度試行調査平成30年度試行調査

平成29年度試行調査平成29年度試行調査

[参考] 2020年度センター試験 問題構成と設問別分析

大問 分野 配点 マーク数 テーマ
1 物質の構成 25 8 電子配置、元素の分類、分子の極性、状態変化と熱運動、蒸留装置、化学量、生活に関わる物質
2 物質の変化 25 7 分子の存在比、溶液の濃度、中和滴定、塩、電池、金属の溶解
合計 50 15
前へ
次へ

設問別分析

第1問
電子配置、元素の分類、分子の極性、状態変化と熱運動、蒸留装置、化学量、生活に関わる物質が出題された。
問1の原子およびイオンの電子配置、問2の周期表と元素の分類は、基本的な知識の有無を確認する問題であった。問3の無極性分子を選ぶ問題も、扱われている分子が教科書記載の代表的なものであったため、取り組みやすかったと思われる。問4の純物質の状態変化と熱運動に関する問題は、受験生が戸惑いやすい選択肢もあるが、二酸化炭素などの固体から直接気体へ変化する物質は、逆に気体から直接固体へも変化することを理解していれば解答できる。問5の水道水の蒸留装置に関する問題は、温度計の球部の位置とアダプターと三角フラスコの接続の仕方に関する知識を確認する問題であった。問6は塩の混合物中の成分の物質量を求める問題であり、やや難易度が高い。臭化カルシウムと臭化物イオンの物質量の関係を正しく考えられたかがポイントであった。問7の生活に関わる物質の問題は、ボーキサイトがアルミニウム製造の原料であることを覚えていれば解答できる。
第2問
構成する原子の質量数の総和を区別した分子の割合、溶液の濃度、中和滴定、塩、電池、金属の溶解が出題された。
問1は原子の質量数の総和が70である塩素分子の割合を計算する問題で、同位体の存在比から分子の存在割合を求める。問2は希釈前後の溶液の濃度と体積から、加えた溶質の質量を求める問題で、題意がやや把握しにくい。問3は中和滴定に関する問題で、滴定曲線の始点から塩基の濃度を決定し、中和点から酸の濃度と種類を決定する複数の思考過程を要するやや難易度の高い設問であった。問4は塩の水溶液のpHを問う問題で、二つの酸性塩の水溶液の性質が押さえられているかがポイントである。問5は化学電池に関する問題で、負極、正極での酸化還元反応や燃料電池などが出題された。問6は金属の溶解を問う問題で、金属のイオン化傾向や不動態が理解できているかが問われた。
酸と塩基、酸化と還元の基本事項を整理した上で、化学量の計算も含めて十分に演習することで対応できる。

[参考] センター試験 平均点の推移

年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度
平均点 28.2 31.2 30.4 28.6 26.8
前へ
次へ

※共通テストの平均点について

2018年に実施された共通テスト 試行調査では、平均得点率が5割になるように作問されました。
2021年1月実施の共通テストで想定する平均得点率は明示されていませんが、同様の得点率を想定して作問されると考えられます。

共通テスト 科目別学習アドバイス

PAGE TOP