河合塾の大学入試情報サイト

英語(リスニング)

2021年度入試(2021年4月入学生向け入試)からセンター試験に代わり、「大学入学共通テスト」が導入されます。

共通テストに向けてどのような学習を行えばよいのか、河合塾講師からの学習アドバイスをご紹介します。

河合塾講師からの学習アドバイス

英語(リスニング)学習アドバイス

「リスニング」は「リーディング」と同じ配点に!
大学入学共通テストでは「リスニング」は「リーディング」と同じ配点(100点)となります。事前に選択肢や表・グラフ資料に目を通し、聴き取りのポイントの予測をつけることが大事です。また、センター試験とは異なり「1回読み」と「2回読み」が混在します。模擬試験を受験するなど、実戦的な問題に多く取り組み、形式に慣れておきましょう。
内容としては、教科書レベルの語彙力で対応できる表現が多く使われ、日常生活や学生生活などをベースとした、皆さんがイメージしやすい場面を中心に出題されます。英語を母語としない話者も登場しますので、多様な音声に触れておく必要があります。
リスニング力をつけるためには、日々、意識的に英語の音(オン)に慣れることが何より大切です。一度聞いてわからなくても、スクリプト(読み上げ文)をすぐには見ず、何回も繰り返し音声を聞いてみる。また、単語を学習する際は必ず「音声」とあわせて覚える。さらに、普段から単語を口に出して発音するクセもつけておく。ただ漫然と音声を聞き流すのではなく、英文と音声を突き合わせて、英語特有の「消える音」や「変化する音」に注意しながら聞く。これらの対策を行い、高得点を狙える力を身につけていきましょう。

大学入試センター発表資料

令和3年度試験情報令和3年度試験情報

共通テストの時間割や問題作成方針などが掲載されています。

平成30年度試行調査平成30年度試行調査

平成29年度試行調査平成29年度試行調査

[参考] 2020年度センター試験 問題構成と設問別分析

大問 分野 配点 マーク数 word数 テーマ
1 対話文 イラスト選択問題 12 6 26/5 問1 パンダの姿勢と位置
30/7 問2 女性が選んだフライト
29/28 問3 パンフレット完成に必要なもの
30/25 問4 明日のパーティーで女性は何をするか
28/7 問5 男性が所有しているDVDの数
27/6 問6 サーモンの漁獲量の変化
2 対話文 応答完成問題 14 7 24/16 問7 マフィンの美味しさの秘密
31/28 問8 クリニックの予約時間
28/4 問9 社交辞令
27/22 問10 レストランに置き忘れたかもしれない財布
25/22 問11 女性の通学の仕方
25/26 問12 その小説,読む価値がある?
27/21 問13 満点に届かなかったテスト結果
3 A 対話文 質問選択問題 12 3 47/34 問14 スーパーのレジ袋の有料化
50/26 問15 講義から学んだ「幸福になるための方法」
49/24 問16 コンピューター研究室の場所
B 対話長文 ヴィジュアル型質問選択問題 3 144/105 問17~19 男性の夏休みのアルバイト
4 A モノローグ 長文内容把握問題 12 3 198/100 問20~22 お茶と時間に見る日本とネパールの文化の違い
B 会話長文 質問選択問題 3 297/91 問23~25 Davidが通い始めたギター教室
合計 50 25
  • word数は、問題文/設問選択肢です。
前へ
次へ

設問別分析

第1問
対話を聞き、質問の答えとして最も適切なイラスト、数字、文字情報などを選ぶ問題。時刻や数の問題は、それほど複雑な計算を必要とせず、取り組みやすかった。昨年同様グラフを用いた問題が出題されたが、昨年は4つのグラフであったのに対し、今年は複数の情報が一つのグラフに盛り込まれていたので、やや読み取りにくかった。
第2問
読み上げられた対話に続く応答を選ぶ問題。選択肢は昨年と比較してやや短いものが多かったが、場面に応じた応答表現の多様性が求められ、やや難しい問題もあった。
第3問
A:対話を聞いて、質問の答えとして最も適切な選択肢を選ぶ問題。状況把握がしやすく、聴き取りのポイントが絞りやすかった。
B:質問選択型。複数の情報を聴き取り、取捨選択する能力が問われる問題。昨年同様ポスターに近い形式で、今年は4つの広告が掲載された。また、選択肢が昨年と比べてやや長くなったが、無理のない言い換え表現を基にした問題だった。
第4問
A:長めの英文1題。昨年同様エッセイが出題された。質問文から聴き取るポイントを絞りやすかった。また、3つの設問の選択肢に共通の単語があったため、内容を推測するのに大いに手掛かりとなった。
B:3人の会話を聞いて質問に答える形式。各設問の選択肢に共通部分があったため、選択肢を読み取る負担が少なく、的を絞った聴き取りができたと思われる。

[参考] センター試験 平均点の推移

年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度
平均点 28.8 31.4 22.7 28.1 30.8
前へ
次へ

※共通テストの平均点について

2018年に実施された共通テスト 試行調査では、平均得点率が5割になるように作問されました。
2021年1月実施の共通テストで想定する平均得点率は明示されていませんが、同様の得点率を想定して作問されると考えられます。

共通テスト 科目別学習アドバイス

PAGE TOP